最短距離で0→1,000社を作る法人営業の6ステップ

ステップ6.事例+理由をフックに社長アポイントを取る

 

最短距離で0→1,000社を作る法人営業の9ステップ。
ステップ6は事例+理由をフックに社長アポイントを取るです。

一度、会話をした社長に対し、詳細の資料を送ります。
「興味付け」をしてアポイントを取ります。

社長と一度会話をしていくと受付突破のトークが「初めまして」から「以前話した」ことをフックにできます。
そして、社長通話も予め準備ができるので、その社長に合ったトークが作れます。

法人営業で一番「興味付け」をしやすいのは事例

 

法人営業で一番興味付けをしやすいパターンは事例です。
同業他社の○○会社さんご存じですか?
同業他社でこういう効果事例があった。

など、最初に具体的な事例を話し相手の警戒感を解いていきます。

そして、「ちょうど貴社の近くを行く」や「ちょうどオンライン商談の日程が空いた」など
会う理由を提案しアポイントを切っていきます。

こちらから電話をかけている場合は「ご検討下さい!」という重い感じでなく、
「導入の有無にかかわらず気軽にご覧ください」といったような軽い感じでアポイントをとります。

電話が難しい場合はEメール、Faxで社長アポを取ります。
もし、電話で断られたとしても「法人営業はタイミングが全て」なので、
社長通話をした事を記録に残しておいて、定期的に再アプローチしていきます。

・どうやって興味付けトークをしているのか?
・どういうEメール、FAXを送ってアポイントを取っているのか?
詳細まで知りたい方はお気軽にお問合せください。

PAGE TOP