最短距離で0→1,000社を作る法人営業の9ステップ

ステップ9.導入事例を取得し紹介代理店契約を結ぶ

 

最短距離で0→1,000社を作る法人営業の9ステップ。
ステップ9は導入事例を取得し紹介代理店契約を結ぶです。

社長の友達は社長

 

当たり前の話ですが、社長の友達は社長です。
契約し商品に満足していただけたら、友達紹介を促していきましょう。

紹介を促す準備として、契約時に事例許可を取得します。
商品に満足してから・・・と考えていては遅いです。
多くの会社が事例の中身(質)に拘りますが、事例で大事なのは数(量)です。

理想は質の高い事例を数多くとりたいですが、
現実的にそれを継続することはハードルが高いです。

また、導入事例は紹介だけではなく、
新規営業でも有効なので1番取得しやすい契約時に取りましょう。

紹介代理店制度を作る

 

紹介を促すために「紹介代理店制度」を作って加入してもらいます。
相手の社長にとって、紹介していくとメリットがあるよう設計します。

例えば「購入した商品単価を下げる」「紹介フィーを払う」です。
社長が紹介しやすいような環境を作っていきましょう。

繰り返しになりますが、紹介は商品の満足ありきです。
「使ってよかったから紹介するよ」が1番自然で長続きします。

・導入事例取得のノウハウが知りたい!
・紹介代理店の手数料はどうしたらいい?
詳細まで知りたい方はお気軽にお問合せください。

PAGE TOP