最短距離で0→1,000社を作る法人営業の5ステップ

ステップ5.商品認知をとる電話をする。社長メールアドレスを取る。

 

最短距離で0→1,000社を作る法人営業の9ステップ。
ステップ5は自社の商品/会社の認知をとる電話をする。社長メールアドレスを取るです。

ダイレクトメールを送った先に電話をかけて行きます。
電話の目的はアポイントではなく商品認知です。

ダイレクトメールは送りっぱなしになって、
届いてない可能性もあるし、手元で見られてない可能性もあります。

なのでダイレクトメールを送った先に電話をかけていきます。
これを大学生や在宅ワーカーさんに依頼をします。

一般的な中小企業ですと、社長通話が5%~10%です。
1時間に20コールできるので1時間電話すると1人の社長には繋がります。

本人通話があった場合、
認知なく営業すると断られるので認知に徹します。

「先日こちらから送りした資料の件なんですけども、お手元届いていますか?」
という形で電話をかけてきます。
商品を知ってほしいと伝え社長のメールアドレスを取得します。

時給1,000円計算だと、1,000円で1人の社長とコンタクトが取れる状態になります。

・どうやって大学生や在宅さんを集めたらいいのか?
・具体的にどういう電話トークにしているのか?
詳細まで知りたい方はお気軽にお問合せください。

PAGE TOP